【エターナルシステム専用】XMの口座開設手順を徹底解説

2020年2月5日

エターナルシステム口座開設

エターナルシステムを運用する場合のXM口座開設手順について解説します。

といっても、裁量で取引する場合の口座開設手順とほぼ一緒です。

エターナルシステムを運用する際の口座開設では、以下の3つのポイントが重要になります。

エターナルステムの口座開設ポイント
  • 口座タイプはスタンダード口座を選ぶべし
  • レバレッジは888倍に設定すべし
  • 取引システムはMT4を利用すべし

それでは、口座開設手順について、詳しく解説していきます。

XMの口座開設手順【簡単2ステップ】

それでは早速、XMの口座開設手順を解説します。

まずは以下のリンクからXMの公式サイトにアクセスし、「口座を開設する」をクリックします。

※上記のリンクから口座開設をしないと、エターナルシステムとの紐付けができないので、必ず上記リンクから口座開設を行ってください。

XM口座開設

ステップ1.リアル口座の登録1/2

XM口座開設

このページでは、個人情報や口座タイプを入力します。

個人情報の入力項目は次の通りです。

  • 敬称:男性は「氏」、女性は「夫人」を選択
  • 下の名前:例 ichirou
  • 姓:例 suzuki
  • 居住国:リストから選択する
  • 希望言語:リストから選択する
  • 電話:例 +819012345678(最初のゼロを外して入力)。冒頭の+81は日本に割り当てられた国番号です。外国から日本へ国際電話をするときに必要です。
  • Eメール:メールアドレスの登録は一人につき一つまでです。

個人情報の入力が終わったら、次に「取引口座情報」を入力します。

XM口座開設

「取引プラットフォーム」は、必ず『MT4』を選択してください。

※MT5は、エターナルシステムの稼働実績がないので、安全に稼動できなくなる恐れがあります。

「口座タイプ」は『スタンダード口座』を選択してください。

ステップ2.リアル口座の登録2/2

個人情報と取引口座情報の入力が終わったら、「リアル口座の登録2/2」に進みます。

XM口座開設

名前と姓はどちらも全角カタカナで入力する必要があるので気をつけましょう。

続いて、住所入力です。こちらは半角英数字です。

XM口座開設

住所の入力は英語での書き方になるので、日本とは逆の順番になるということに注意しましょう。

また、番地・部屋番号には15文字までしか入力できないので、マンション・アパート名などは省略して構いません。

英語での住所入力が分からない方は、住所翻訳サイトを使って確認しましょう。

>>住所翻訳サイトはこちら

なお、後ほど提出する本人確認書類と記載情報が一致するように入力する必要があるので、入力ミスのないようしっかり確認しましょう。

続いて、取引口座の詳細を入力していきます。

XM口座開設
  • 口座の基本通貨:円を基本にするならJPYを選択
  • レバレッジ : 888倍に設定
  • 口座ボーナス : ボーナスは受取希望に設定(「いいえ」を選択するとボーナスが受け取れません)。

くどいようですが、ここで今一度確認しておきましょう!

口座開設のポイント
  • 口座タイプ⇨スタンダード口座を選択
  • レバレッジ⇨888倍に設定
  • 取引システム⇨MT4を選択

続いて、投資家情報の入力です。

XM口座開設
  • 投資額:0-20,000で設定可能
  • 取引の目的及び性質:選択肢から選びましょう
  • 雇用形態:選択肢から選びましょう
  • 学歴:最終学歴を選択します
  • 所得総額(米ドル):選択肢から選びましょう
  • 純資産(米ドル):選択肢から選びましょう

これらの情報は、審査に影響するものではないので概算でOKです。

ただし、投資額を20,000ドル以上にすると最大レバレッジが200倍に制限されるので、レバレッジ888倍で取引したいのなら「5-20,000」を選択しましょう。

最後に、口座パスワードを設定します。

XM口座開設

パスワードは8文字以上15文字以内でないと受け付けてもらえないので注意しましょう。

なお、パスワードは会員ページへのログインの際に必要になるので、メモを取るなどして控えておきましょう。

パスワードの入力が済んだら、確認事項への同意をして「リアル口座開設」をクリックして口座開設は完了になります。

XM口座開設

>>次の手順:仮想デスクトップ環境の導入とMT4のダウンロード

口座開設が終わったら、次は仮想デスクトップ環境の導入とMT4のダウンロードです。
詳しい手順は以下の記事をご覧ください⬇