ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ

XMのスキャルピングは難しい?絶対に成功させる4つのポイント

FX業者の中にはスキャルピングを禁止しているところもありますが、XMに関してはどうなのか気になっている方も多いでしょう。

結論からいうと、XMではスキャルピングは禁止されていません。

むしろ、約定力の早さやレバレッジの観点から考えると、XMでスキャルピングをするのはメリットが多いです。

そこで今回は、XMでスキャルピングをするメリットや成功させるコツ、スキャルピングに適した通貨ペアなどをご紹介します。

XMでスキャルピングする際に注意すべき禁止事項

XMの禁止事項

先ほどお話しした通り、XMではスキャルピングを認めています。

ただし、以下の行為は禁止されています。

フクロウ博士
フクロウ博士
違反すると、全利益没収や口座凍結などの厳しい措置が取られることもあるので注意しましょう!
XMの禁止事項
  • XM内の複数口座で両建てをする
  • 他の業者を使った両建て
  • グループ間での複数人の口座を使った両建て
  • アービトラージはどんな場合も禁止
  • 接続の遅延を利用した取引行為

①XM内の複数口座で両建てをする

XMでは同じ名義で最大8口座まで口座を開設できますが、その口座間での両建ては禁止されています。

「そもそも両建てって何?」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

②他の業者を使った両建て

他の業者に口座を開設し、その口座とXMの口座との間で両建てを行うのも禁止です。

③グループ間での複数人の口座を使った両建て

複数人のグループでトレードしている場合に、各人の口座間で行われる両建ても禁止されています。

④アービトラージはどんな場合も禁止

通貨(銘柄)間の価格差による歪みで生じる利ザヤを狙うアービトラージは、どんな場合も認められていません。

⑤接続の遅延を利用した取引行為

多くのアクセスが集中した時などに接続遅延が起こる場合がありますが、このように正常な価格を反映できないことを悪用した取引行為ももちろん禁止です。

XMでスキャルピングを行うメリット

スキャルピングのメリット

禁止事項さえきちんと守れば、XMでスキャルピングを行うことにはメリットがたくさんあります。

スキャルピングを行う際に挙げられるXMの魅力としては次の4つがあります。

スキャルピングのメリット
  • XMの圧倒的な約定力の高さはスキャルピングに有利
  • XMのレバレッジの高さが魅力
  • Zero口座が用意されている
  • いろんな形でボーナスが付与される

XMの圧倒的な約定力の高さはスキャルピングに有利

短時間で売買を行うスキャルピングでは、「約定力の高さ」がとても重要になってきます。

なぜなら、スキャルピングは利益も損切りも小さいので、少しの約定のズレでもそれが積み重なると、収支に大きなダメージを与えます。

XMでは、全注文の99.35%が1秒以内に約定しれ、その約定力の高さやスピードの速さはトレーダーから高く評価されています。

また、平常時であれば滑ることもほとんどなく、スリッページなどの発生頻度が少ないこともXMでスキャルピングを行う魅力の一つです。

フクロウ博士
フクロウ博士
2017年9月には、Shares MagazineのUK Forex Awards 2017のベストFX執行ブローカー賞を受賞しています!

これは、約定拒否のない100%の取引執行率を保証するものです。

ちなみに、Shares Magazineは、ファンドマネジャーやアナリストなど数万人の読者を持っている、イギリスを代表するオンライン金融マガジンです。

XMのレバレッジの高さが魅力

XMの最大レバレッジは888倍です。

国内FX業者であれば、レバレッジ規制があるので、最大レバレッジは25倍です。

XMでスキャルピングをする際には、この最大レバレッジ888倍はかなり魅力的です。

なぜなら、少額からのスキャルピングでも大きな利益を狙っていくことができるからです。

さらに、XMでは、証拠金維持率が20%を下回るまでロスカットされないので、レバレッジを可能な限り大きく使えます。

例えば、有効証拠金が10,000円の場合、これが2,000円を下回るまではポジションを保有できる可能性があるということです。

Zero口座が用意されている

XMでスキャルピングするなら、おすすめの口座タイプは「Zero口座」です。

XMのZero口座は、スプレッドの幅が狭く、最小0pipsというものもあります。

フクロウ博士
フクロウ博士
スキャルピングでは、スプレッドが狭いほど有利に取引ができるのでありがたいですね!

また、Zero口座はECN方式が採用されているので透明性の高い取引ができます。

注意点としては、取引手数料がかかることです。

例えば、手数料が10万通貨あたり1,000円かかるため、0.1pipsのスプレッドでもトータルコストは1.10pipsになります。

また、Zero口座の最大レバレッジは500倍と他の口座タイプよりも低く、ボーナスに関しても、入金ボーナスが対象外となっています。

いろんな形でボーナスが付与される

XMには2種類(ポイントプログラムを加えると3種類)のボーナス制度が用意されており、口座開設時と入金時にボーナスを受け取ることができます。

これらのボーナスを上手に活用すれば証拠金を大幅に増やすことができるので、スキャルピングする際にもゆとりを持って取引できます。

フクロウ博士
フクロウ博士
それぞれのボーナスについて詳しく解説します!

口座開設ボーナス

口座開設ボーナスは口座を開設するだけで3,000円がもらえます。

フクロウ博士
フクロウ博士
このボーナスはどの口座タイプでも貰えます!

3,000円あれば、レバレッジを888倍に設定した場合、ドル円で109円とすれば、最大で2万通貨のトレードが可能です。

2万通貨で15pips稼げば、資金を2倍にできるという計算になります。

ひなちゃん
ひなちゃん
自分のお金を使うことなくトレードするだけで、これだけ稼げるのはいいね!

入金ボーナス

入金ボーナスについては5万円を境に設定が変わってきます。

5万円までの入金の場合、100%の入金ボーナスがもらえ、最大5万円に達するまで何回入金してもその都度入金額と同等のボーナスがもらえます。

5万円を超える入金の場合は、入金の都度入金額に対して20%のボーナスがもらえます。

ボーナス額は最大45万円相当ですから、「225万円✕20%=45万円」で、225万円までの入金が対象になります。

XMのスキャルピングを成功させる4つのポイント

スキャルピングのコツ

勝てるスキャルピング手法を血眼になって探している方もいると思いますが、必勝法を探す前に自分の取引ルールを徹底することでも、勝率は結構変わってきます。

ここでは、スキャルピングする際に意識すべきポイントをご紹介します。

ポイント
  • 取引する回数を事前に決めておく
  • 自分が取引している通貨ペア以外のチャートもチェックする
  • ローソク足を見るときに長い時間足も見る
  • 損切りルールを明確に決めて機械的に損切りする

取引する回数を事前に決めておく

スキャルピングは、細かい利益を積み重ねていく手法なので、一日に何十回も取引する方もいますが、このようなトレードスタイルはあまりおすすめしません。

なぜなら、回数が増えると一回あたりのトレードの質が落ちるからです。

一日に取引する回数をしっかりと決めてトレードすることで、集中力も維持され、チャンスを確実にものにすることができるようになります。

XMで初めてFXをするという方などは、はじめのうちは少な目の回数を設定しておくといいでしょう。

自分が取引している通貨ペア以外のチャートもチェックする

例えば、あなたがドル円で取引しているなら、ドル円のチャートだけでなく、ユーロ円やドルユーロなど、トレードしている通貨に関連する通貨ペアの動きもチェックしましょう。

ひなちゃん
ひなちゃん
自分が取引していない通貨ペアなんてチェックする必要ないんじゃ…
フクロウ博士
フクロウ博士
特定の通貨ペアだけでは分からない通貨の強弱を把握できるよ!

関連する通貨ペアの動きをみることで、トレンドがはっきりと分かる場合もあるので、必ずチェックしましょう。

ローソク足を見るときに長い時間足も見る

スキャルピングは、短時間でトレードを繰り返すので、1分足や5分足ばかりに注目してしまいがちですが、1時間足や4時間足といった長い時間足もチェックすることをおすすめします。

そうすることで、トレンドをより正確に把握することが可能になります。

損切りルールを明確に決めて機械的に損切りする

裁量取引では特に、「思惑と逆に動いたらすぐに損切りする」とか「○pips逆行したら損切りする」など、損切りのルールを決めてそれを厳守しましょう。

損切りのルールを決めておかないと、ズルズルと含み損を抱えてしまったり、エントリーすべきポイントでエントリーできないといった機会損失にもつながります。

スキャルピングに適した通貨ペアはどれか

スキャルピングに最適な通貨ペア

実は、スキャルピングには、適した通貨ペアというものがあります。

それは、「ポンド円」「ユーロドル」「ドル円」です。

ここでは、この3つをおすすめする理由をお話しします。

トレンドが出やすい

スキャルピングは、トレンドに沿って取引することで利益を出しやすくなります。

そのため、トレンドが出やすい通貨ペアを選ぶことが大切です。

取引量が多い

取引量が多いということは、それだけ多くの人が取引をしているということです。

そのため、テクニカル分析通りの結果になりやすいという特徴があります。

また、流動性も大きいので、突発的な値動きの変化が起こりにくいという特徴もあり、リスクをコントロールしやすいです。

ある程度値動きがある

先ほど、取引回数は決めておいた方がいい書きましたが、ある程度は取引をしなければスキャルピングをする意味がありません。

そのため、ある程度値動きがないと、取引回数を稼げないのです。

スプレッドが狭い

スキャルピングはスプレッドが狭いほど利益が出やすいです。

まとめ

これまでお話ししたことをもとに、XMでスキャルピングを行う際のポイントをまとめると次のようになります。

まとめ
  • Zero口座を使う
  • 取引ルールを徹底
  • ポンド円・ドルユーロ・ドル円の通貨ペアで行う

XMで利益を出すという観点でスキャルピングを考えた際、XMのZero口座を使ってスキャルピングだけで利益を出すのは、必ずしも得策とは言えません。

XMをするなら、他のトレードスタイルとスキャルピングを組み合わせて、利益を狙うことをおすすめします。