ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ

XMの取引シグナルとは?使い方や見方など解説【勝てないは嘘?】

XMの取引シグナル

XMの『取引シグナル』というサービスをご存知ですか?

取引シグナルでは、プロのFXトレーダーが行ったチャート分析と、3ヵ月先までの予想を無料で知ることができます。

しかし、中には、「XMの取引シグナルは勝てない」といった意見もチラホラ見られます。

そこで今回は、XMの取引シグナルについて徹底解説していきます。

フクロウ博士
フクロウ博士
「勝てる?」「勝てない?」の真相を検証していきます!

XMの取引シグナルとは

取引シグナルとは

XMの取引シグナルとは、毎日2回、10種類分の通貨ペアに関する分析報告と相場予想を取引シグナルとして配信してくれるサービスです。

配信される取引シグナルは次のようなものです。

取引シグナル1

取引シグナル2
フクロウ博士
フクロウ博士
上半分がチャート分析で、下半分が相場予想になります!

続いて、取引シグナル提供者であるAvramis Despotisについてご説明します。

Avramis Despotisのプロフィールを簡単に説明すると、以下の通りです。

Avramis Despotisとは?

・英国クリニカルアナリスト協会所属
・英国公認テクニカルアナリスト
・TRADEPEDEA社のCEO(最高経営責任者)
・2万人を超える個人および機関投資家の教育
・20年以上の経験
・ヨーロッパ・アジア・中東の株式ブローカーに指南

彼の会社であるTRADEPEDIA社は、FXトレーダーの養成所、自動売買・市場レポートとシグナルの提供を行っています。

Avramis Despotisは、2007年の世界金融危機による株価下落とその後の2009年の上昇、2008年と2013年のMENA地域(中東と北アフリカ)の下落を予想して的中させました。

XMの取引シグナルは、そんなAvramis DespotisがCEOを務めるTRADEPEDIA社が自ら提供しているレポートなので、信頼性はかなり高いでしょう。

XMの取引シグナルの分析項目

取引シグナルの分析項目

続いて、XMの取引シグナルの分析対象や配信ペースをみてみましょう。

XMの取引シグナルの分析対象となっている通貨ペアは、次の10種類です。

分析対象一覧
  • EUR/USD(ユーロ米ドル)
  • GBP/JPY(ポンド円)
  • USD/JPY(米ドル円)
  • GBP/USD(ポンド米ドル)
  • EUR/JPY(ユーロ円)
  • AUD/USD(豪ドル米ドル)
  • GOLD(ゴールド)
  • OIL(原油)
  • US30(ダウ平均)
  • NIKKEI(日経平均株価指数)

フクロウ博士
フクロウ博士
これらの通貨ペアに対して、それぞれ取引シグナルをダウンロードすることができます!

取引シグナルの配信時間は、平日の夕方16時と22時の2回で、日本時間に直すと次のようになります。

夏時間冬時間
期間4月~10月11月~3月
モーニングコール16時17時
アフタヌーンコール22時23時

取引シグナルの配信は、最大で1時間程度遅れる可能性があります。

また、XMの取引シグナルは、過去1年以上前のチャートを見ることができます。

そのため、過去のチャートを分析したい方や、過去のトレードを振り返る際にも便利です。

XMの取引シグナルの見方

取引シグナルの見方

ここでは、取引シグナルの見方について解説します。

XMの取引シグナルは次の3つの内容で成り立っています。

取引シグナル
  • 左上:現在の価格分析
  • 右上:現在のチャート分析
  • 下:今後の相場予想

取引シグナル3
フクロウ博士
フクロウ博士
それぞれ詳しく解説していきます!

左上:現在の価格分析報

ここには下記のことが書かれています。

  • 前回のクローズ:前回のローソク足の終値
  • 変化率:価格の変化率
  • 現在地:現在の価格
  • 52週中の最高値:過去1年間の最高値
  • 52週中の最安値:過去1年間の最安値
  • 30日間ATR:過去30日間の値動きの平均
  • 40日間ATR:過去40日間の値動きの平均

ATRとは、Average True Range(アベレージ・トゥルー・レンジ)の略称で、価格変動幅(ボラティリティ)から買われすぎ・売られすぎを判断する材料になります。

右上:現在のチャート分析

チャート上の情報は次の3点です。

  • 緑の指示線と赤の抵抗線
  • 黄茶青のインジケーター
  • 黒いトップボトムのライン

緑の指示線と赤の抵抗線

緑の指示線と赤の抵抗線

この2本の線を参考にして、それぞれのポジションの注文と決済を行います。

ポジションを持っている状態だと、緑の指示線と赤の抵抗線が描かれます。

ポジションを持っている状態だと、緑の指示線と赤の損切り線が描かれます。

黄茶青のインジケーター

黄茶青のインジケーター

これは、取引シグナルの監修者であるアブラミスさんが作成したリバーインジケーターで、市場の流動性を示すパラメータと、複数の移動平均線の組み合わせを用いて分析されています。

リバーインジケーターを見るときのポイントは次の通りです。

  • 黄茶青のラインよりもローソク足が上の時は上昇トレンド
  • 黄茶青のラインよりもローソク足が下の時は下落トレンド
  • 黄と茶青のラインが離れているほど強いトレンド
  • 黄茶青のラインが重なっているとレンジ

黒いトップボトムのライン

黒いトップボトムのライン

この黒いラインもアブラミスが作成したインジケーターです。

この黒いラインが高値更新・安値更新を続けている時は「トレンド相場」、更新しきれない時は「トレンドの終了」を意味していると考えます。

黄茶青のラインと合わせて考えると相場が予想しやすくなります。

下:将来のチャート予想

ここでは、60分足・240分足・日足の3種類の分析を見ることができます。

短期足は長期足に収束する性質があるので、一番短い60分足もいずれは長期足の方向に収束します。

そのため、狙い目は日足と240分足が揃っているケースです。

フクロウ博士
フクロウ博士
レジスタンスラインで反転する可能性が高いことを視野に入れつつ、チャート分析をするといいでしょう!

XM取引シグナルのダウンロード方法

取引シグナルのダウンロード手順

最後に、XMの取引シグナルのダウンロード方法を簡単に解説します。

フクロウ博士
フクロウ博士
わずか1分足らずで取引シグナルを入手できますよ!

XMの公式サイトへアクセスし、マイページを開いてください。

取引シグナル入手手順

マイページにログインして、メニューバーの中の「取引シグナル」を選択します。

取引シグナル入手手順

取引シグナルのページで日付と通貨ペアを選択し、ダウンロードボタンを押すと、ダウンロードが完了します。

取引シグナル入手手順

ダウンロードした取引シグナルはPDFファイルで開くことができます。

フクロウ博士
フクロウ博士
ちなみに、XMの取引シグナルはスマホのブラウザからでもダウンロードできます!

まとめ

取引シグナルは、初めてXMでFXをするという方には心強いサービスといえます。

取引シグナルのチャートは100%的中するというものではありませんが、複数のシナリオは的中率が高いので、シナリオを描いてトレードをしたい方にはおすすめです。

また、XMには取引シグナル以外にも「XMウェビナー」というサービスもあるので、この2つを活用して勝率を上げていきましょう。

関連記事 ≫≫ XMのウェビナーが凄い!登録方法やメリット・デメリットを解説

フクロウ博士
フクロウ博士
「まだ口座開設していない」という方は、以下の記事も参考にしてみてください!