XM ZERO口座の手数料と国内FX業者のスプレッド徹底比較

2019年12月19日

「XMでトレードする際に手数料はかかるの?」
「Zero口座は取引手数料が別で設定されているってほんと?」

XMの手数料について、上記のような疑問をお持ちの方も多いと思います。

実際、XMのZero口座の取引手数料について、公式サイトを見ただけでは分かりにくい部分が多いです。

そこで今回は、XM ZERO口座における手数料の考え方や国内FX業者のスプレッドとの違いなど解説していきたいと思います。

ZERO口座の取引手数料と国内FX業者のスプレッド比較

XM ZERO口座の手数料

国内FX経験者の中には、XMのスプレッドの幅が広いと感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、国内FX業者の場合、公示されているスプレッド以外に手数料を取られている可能性もあります。

国内FX業者の場合、「取引手数料は無料」と宣伝していますが、変動するスプレッドとスリッページで実質的に手数料を得ています。

フクロウ博士
フクロウ博士
成行注文の瞬間はスプレッドが拡大しているか意識している人も少ないでしょうし、スリッページについても同様です!

スリッページに関しては、海外FX業者では有利に働くこともあるので、許容範囲と思えることも多いですが、国内FXの場合、スリッページは、損を確定させる時に損が拡大する方にばかり発生する傾向があります。

その点、XMは取引手数料という形で明示しているので、安心して取引ができます。

ただ、残念なのは、XM公式サイトの手数料の説明が分かりづらいことです。

XM公式サイトの説明は次の通りです。

Q. XM ZERO口座には手数料がありますか?

A. はい。XM ZERO口座の手数料は$100,000のお取引に対して$5となります。

MT4プラットフォームの手数料はお取引発注時に往復分(発注と決済)がまとめてお口座から差し引かれます。
MT5プラットフォームの手数料はお取引発注時と決済時にお口座から差し引かれます。

手数料が「$5」と明記されてますが、これの本当の意味は「どの通貨ペアも10万通貨に対し、片道5通貨、往復で10通貨」です。

例えば、10万通貨1ロットの取引のとき、USD/JPY 110円であれば、取引手数料は往復で1,100円、EUR/JPY 130円であれば、往復で1,300円となります。

このように、XM ZERO口座の取引手数料は一律ではなく、選んだ通貨ペアのレートによってその都度変動します。

フクロウ博士
フクロウ博士
XM ZERO口座の取引手数料は「往復で10通貨分」と覚えておくといいでしょう!

XM ZERO口座の取引手数料はデメリットではない!

XM ZERO口座の手数料

取引手数料が無料の国内業者に慣れていると、XM ZERO口座で取引手数料が別途かかるのはデメリットのように感じてしまいがちです。

果たして、別途手数料が発生するのはデメリットなのでしょうか?

フクロウ博士
フクロウ博士
XM ZERO口座の取引手数料が損なのか得なのかを考えるために、スプレッドについて少し考えてみましょう!

スプレッドは常に変動し、システム的にも一切記録が残りません。

そのため、スプレッドの中にFX業者の利益を含ませやすく、実際にいくら徴収されたのかうやむやにすることができます。

ひなちゃん
ひなちゃん
つまり、スプレッドにFX業者の利益をたくさん含まれて、ぼったくられる可能性もあるということか…

そう考えると、決まった金額を手数料として明示され、別途請求されるほうがお金の流れとしては透明性が高いですよね。

取引手数料は経費計上できる?

取引手数料が別途請求されるメリットとして、確定申告時に経費として申告できるというものがあります。

スプレッドのように損益がごっちゃにされて、手数料がいくら請求されたか分からない場合は、経費として認められません。

一方、MT4のターミナル画面にも表示されるXM ZERO口座の取引手数料は、取引明細書として出力することができ、収入や損失を得るための必要経費であったことが証明できます。

フクロウ博士
フクロウ博士
そのため、確定申告時に経費として計上することができ、節税に繋がります!

白色申告の場合は、収支内訳表で「雑費」の一部として計上するか、勘定項目の空いているところに「取引手数料」などと新たに作って計上してもいいです。

取引明細書の提出は求められませんが、内訳の提示を求められたときに説明に使う証拠として保管しておきましょう。

XM ZERO口座とスタンダード口座で取引コストを比較

XM ZERO口座の手数料

実際のところ、XM ZERO口座とスタンダード口座ではどれくらい取引コストが違ってくるのでしょうか?

以下は、1万通貨あたりの取引コストを比較したものです。

ZERO口座スタンダード口座
比較項目手数料スプレッドトータル手数料スプレッドトータル
米ドル円無料1.5~1.6pips150~160円1ドル0.0~0.2pips110~130円
ユーロ円無料2.2~2.3pips220~230円1ユーロ0.1~0.3pips134~154円
ポンド円無料3.2~3.3pips320~330円1ポンド0.8~1.2pips224~264円
豪ドル円無料2.8~3.1pips320~330円1豪ドル0.9~1.2pips168~198円
NZドル円無料2.8~3.1pips280~310円1NZドル1.8~2.0pips253~273円
ユーロ米ドル無料1.6~1.8pips176~198円1ユーロ0.2~0.3pips146~157円

※2019年6月14日10時台のスプレッド参照
※トータルコストはすべて日本円口座における1万通貨あたりの金額
※1ドル110円/1ユーロ124円/1ポンド144円/1豪ドル78円/1NZドル73円として円換算
※手数料は往復分

フクロウ博士
フクロウ博士
上記の通り、スタンダード口座よりもXM ZERO口座のほうが手数料が安いという結果になりました!

そのため、実質的なXM ZERO口座のデメリットは、入金ボーナスとロイヤルティプログラムの対象外ということだけと考えてもいいでしょう。

一方、スタンダード口座・マイクロ口座には入金ボーナスが付きますが、スタンダード口座やマイクロ口座からXM ZERO口座に資金移動すると、ボーナス分の資金が一定割合で消滅してしまいます。

そのため、ボーナスを利用しながら口座間の資金移動をしたい場合は、XM ZERO口座からスタンダード口座・マイクロ口座に移すという「一方通行」だけに決めておくことをおすすめします。

XMの資金移動については、こちら⇓の記事で詳しく解説しています。

まとめ

取引手数料が別途かかると言われると、なんだか損したような感じがしますが、トータルコストで考えると、XM ZERO口座はスタンダード口座やマイクロ口座よりもコストがかかりません。

ただし、XM ZERO口座は入金ボーナスやロイヤリティプログラムは対象外です。

結局、手数料云々の話よりも、どのようなトレードをしたいかでどの口座タイプを選ぶかを考えたほうがいいでしょう。

今ならXMの口座開設で3,000円のボーナスが貰えます!!

XMの口座開設はこちら

XM攻略情報XM, 手数料