ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ
ピックアップコンテンツ

FXのトレード手法総まとめ!テクニカル指標もご紹介

XMトレード手法

FXのトレード手法をご紹介

FXの主なトレード手法として、次の3種類があります。

FXのトレード手法
  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード

スキャルピング

スキャルピングとは、短期間のうちに(数秒~数時間)何度も取引を繰り返し、少しずつ利益を積み上げていくトレード手法です。

スキャルピング最大のメリットは、大きな変動に影響を受けにくいため、比較的安全に利益を上げることができるという点です。

ただし、短時間のうちに何度も取引を繰り返すということは、必然的に取引回数が多くなることを意味します。

つまり、その分取引手数料が多くかかります。

手数料を抑えるためにも、できるだけスプレッドの狭い業者を選びましょう。

スキャルピングについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

デイトレード

デイトレードとは、その名の通り1日で取引を完了する(デイトレード)トレード手法のことで、スキャルピングより少し長くポジションを持ちます。

スキャルピングに比べ時間的拘束が少ないので、サラリーマンの副業としても人気を集めています。

ただし、デイトレードに関しても取引手数料を意識する必要があります。

できるだけスプレッドが狭いFX業者を選びましょう。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日~数週間といった長期的なポジションを持つトレード手法のことです。

スキャルピングやデイトレードと比べて取引手数料が少なくてすむ反面、ある程度のトレンドを読む力が必要になります。

「上級者向け」のトレード手法と言えます。

また、週末は取引ができず変動に対応しにくいので、スイングトレードを行う場合、なるべく土日にポジションを持ち込まないよう注意しましょう。

【トレード手法簡易比較】

ポジション保有時間必要資金手数料
スキャルピング数秒~数時間多い
デイトレード数時間~1日少~中
スイングトレード数日~数週間

FXのテクニカル指標をまとめて解説

FXで勝つには、上記で解説したトレード手法以外にも、覚えておくべき知識がまだまだあります。

ここでは、FXの勝率を上げるためには「必須」と言われるテクニカル指標や、最低限押さえておくべき知識をまとめてご紹介します。

「FXで勝ちたい」という方は、必ず全ての記事に目を通し、ご自身の『知識』となるまで落としこんでください!!